ハイドロキシアパタイトに副作用はない?※歯や骨の元になる成分

ハイドロキシアパタイト

歯を白くしたい!と思ったことがあるならば、一度は耳にしたことがありそうな成分ハイドロキシアパタイト

歯のホワイトニングケアとして有名な成分です。
実際、ハイドロキシアパタイトってどんな成分なんでしょうか?
気になったので、ハイドロキシアパタイトについて調べてみました♪

【簡単な説明】ハイドロキシアパタイトとは?

では、早速ハイドロキシアパタイトについて紹介していきますね(^^)/

ハイドロキシアパタイトはヒドロキシアパタイトとも呼ばれていて、人体の歯や骨などの大部分を構成する成分です。

ハイドロキシアパタイト 成分

骨の60%、歯のエナメル質の97%、歯の象牙質の70%がこのハイドロキシアパタイトで構成されています。
*歯のエナメル質は、目で見える歯の部分で人体の中で一番硬いといわれています。
歯の象牙質はエナメル質を支える歯の主体で、歯の根っこがこの象牙質です。

ほぼハイドロキシアパタイトでできているエナメル質が人体で一番硬いということでなんとなくわかったかもしれませんが、ハイドロキシアパタイトが多ければ多いほど硬い物質になっているんですね。

人体の中では水分・コラーゲンの次に多い構成成分でもあります。
そのため、人体への親和性が高く害になりにくいので、医療器具やインプラントなどの歯科治療によく用いられています。

ハイドロキシアパタイトには「結晶の中の一部のイオンを違うイオンに組み替えても結晶が壊れない」という独特の性質があります。

実はこの性質が、ハイドロキシアパタイトの重要なポイント!
この性質があることで、違う成分に感化されても変化しにくく壊れないことで、硬さを作り出しているんです。

ハイドロキシアパタイトを使って歯のケアをすることのメリットは、
・虫歯になりにくくなる
・歯に着色汚れが付きにくくなる
この2つになります。

虫歯になりにくくなるのはなぜ?

歯ハイドロキシアパタイト

ハイドロキシアパタイトは、アミノ酸や糖質・脂質・たんぱく質などに強い吸着性があります。
糖質などは歯に付着すると歯垢になります。そして、歯垢は虫歯菌のえさに…((+_+))
歯垢が虫歯菌のえさになる前にハイドロキシアパタイトとくっつけて流してしまうことで、虫歯の予防につながります。

また、ハイドロキシアパタイトには薄くなったエナメル質を修復する作用があります。
この作用はいわゆる再石灰化と呼ばれているもので、再石灰化されることで虫歯になりにくい強い歯を作ることにつながります。

歯に着色汚れが付きにくくなるのはなぜ?

虫歯 ハイドロキシアパタイト

歯についてしまう着色汚れの原因は、歯のエナメル質についた細かい傷にあります。

歯磨きでのこすりすぎや食事の影響、エナメル質が薄くなっているなど様々な原因で、本来ならつるつるのはずのエナメル質が凸凹に…。
着色汚れはこの凸凹に入り込んで取れなくなってしまうこと。

ハイドロキシアパタイトはエナメル質の傷にくっついて、凸凹を修復して歯の表面をつるつるにしてくれます。
そうすることで、着色汚れが付きにくくなり白い歯になるというわけです(^^)/

ハイドロキシアパタイトは副作用がない?

ハイドロキシアパタイト 副作用

そんな虫歯予防・着色汚れ予防に効果◎なハイドロキシアパタイトですが、気になってしまうのは副作用ですよね。

ハイドロキシアパタイトは上のほうでも説明しているように、人体の大部分を構成する成分でもあります。
そのため人体への親和性も高く、外科的治療などに使われても副作用はほとんど現れることがありません。

なので、歯磨き粉などの歯のケアアイテムでの副作用の心配はしなくても大丈夫と言えます!

しかしハイドロキシアパタイトだけが使われているわけではないので、歯磨き粉をそのまま飲み込む…とかはやめておいたほうがいいでしょう(笑

似てる成分?ハイドロキシアパタイトとフルオロアパタイトの違い

フルオロアパタイト

ハイドロキシアパタイトを調べていると、フルオロアパタイトという成分を見つけました.

名前が似ているこの成分「フルオロアパタイト」。
ハイドロキシアパタイトとの違いは?と気になったので調べてみました。

フルオロアパタイトは、ハイドロキシアパタイトがフッ素に触れて変化した結晶成分で、高いう蝕抵抗性があるとのこと。
う蝕とは、口の中の細菌によって歯が脱灰されることを言い、いわゆる虫歯になってしまうということなので、その抵抗性=虫歯になりにくくなる!です。

フルオロアパタイトはハイドロキシアパタイトよりも成分として安定しています。
つまりハイドロキシアパタイトより変化しにくく丈夫であるということなので、ハイドロキシアパタイトよりもフルオロアパタイトのほうが、虫歯予防の効果が高いということになります。

しかし、フッ素の過剰摂取には吐き気・腹痛などの副作用があります(;’∀’)
といっても、症状が出るのは体重1㎏あたり3㎎のフッ素を取った場合。体重が50㎏だったら150㎎のフッ素を摂取しない限り問題ありません。

歯磨きやフッ素うがいなどで150㎎とるのはまず無理!なので、副作用の心配はしなくても大丈夫です(^^)/

ハイドロキシアパタイトが含まれている歯磨き粉

ハイドロキシアパタイトが含まれている歯磨き粉ってたくさんあります!
有名なアパガードもそうです。
わたしも昔使っていました。

アパガードに限らず、多くの歯磨き粉に使われているハイドロキシアパタイトですが・・・
実際に使ってみるとホワイトニングの効き目は違います(;’∀’)
わたしもハイドロキシアパタイトが入った市販の歯磨き粉は色々と試しました。
その中でも優秀だったアパガードは、そこそこ歯の黄ばみが落ちてくれました。
でも、最近使った歯磨き粉?というか歯磨きジェルは、さらに優秀でした♪

キラビアンカと言う名前の歯磨きジェルを使ったのですが、アパガードより歯を白くしてくれました。
わたしが試したキラビアンカのレビューはこちら▼
キラビアンカ 体験

レビューにも書きましたが、キラビアンカはホワイトニング成分が6種類も入っているので、ホワイトニングができるのは当然なんです(;’∀’)

今のところホームホワイトニングができる歯磨きジェルの中では、キラビアンカが一番白くなります。他にも良いホワイトニング歯磨き粉があったら、随時紹介していきます。