インプラントについて
  インプラント治療の流れ
   インプラント治療のケース紹介
   インプラント治療で良い治療を受けるには
  他の治療法との比較
   インプラント治療のメリットとは
  医療費控除
   インプラント治療後のお手入れ方法
   治療に使用する機材
   タバコがもたらすインプラント治療への影響
   最新のインプラント治療への取り組み
   インプラント治療で大切なこと
   インプラント治療の審美面について
 
 
 
 
 
 
 
インプラント治療Q&A
 
 
 
 
 
 
Q1:
 
Q2:
 
Q3:
 
Q4:
 
Q5:
 
Q6:
 
Q7:
 
Q8:
 
Q9:
 
 
 

 

 
 
 
 ■Q1:  インプラント治療を行うのに痛みはありますか?
 ■A1:
インプラント手術は、十分な局所麻酔下で行うため、痛みは抜歯と同じ程度でほとんどありません。また、静脈内沈静法を用いて痛みを軽減する麻酔なども行ってますので、ご相談ください。
 
 
 
 ■Q2:  手術には入院が必要になりますか?
 ■A2:

入院の必要はありません。むしろ手術後に歯根部が骨と結合するまでの期間(安静期間)の過ごし方のほうが、大切になります。

 
 
 
 ■Q3:  治療期間はどのくらい?
 ■A3:

手術自体は数時間で終了し、入院の必要はありません。
術後は経過観察のため通常4〜6ヶ月の通院が必要です。
ただし、症状によって治療期間が異なりますので、ご確認ください。

 
 
 
 ■Q4:  CTスキャンの精密検査は必要ですか?
 ■A4:

一般的なレントゲン検査では、インプラント埋入部位の正確な骨の状態や神経管の位置など正確にに把握することが出来ません。
CTスキャンでの精密検査を行うことにより理想的なインプラントの埋入位置や術式などを考慮に入れた最良の治療計画を立てることを可能にします。
CTスキャンの精密検査は大学病院、総合病院などに行って検査をおこないます。

 
 
 
 ■Q5:  静脈内沈静法ってなんですか?
 ■A5:
インプラント手術は、通常、局所麻酔で行います。痛みはありませんので、安心して手術を受けていただくことができますが、局所麻酔によるインプラント手術に、静脈内鎮静法という方法を併用すると、手術中の意識が薄れ、心身に与えるストレスを減少させることができ、より快適、より安全に手術を受けていただくことができます。
 
 
 
 ■Q6:  保険は適用されますか?
 ■A6:
インプラント治療に保険は適用されません。医療費控除の対象になることもあります。
 
 
 
 ■Q7:  費用は高いですか?
 ■A7:

治療内容によって異なりますが、目安としてはインプラント1本につき、 30〜50万円程度です。
インプラントは適切なアフターケアを行えば、長期に渡って機能しますので、一概に高いとは言い切れないでしょう。

 
 
 
 ■Q8:  面倒なアフターケアは嫌なのですが?
 ■A8:
特別なアフターケアの必要はありません。インプラントは正しいブラッシング(歯磨き)をし、半年または年1回の定期健診だけで、長期に渡って使用できます。
 
 
 
 ■Q9:  医療費控除の対象になるって本当ですか?
 ■A9:
インプラント治療のほとんどの場合、医療費控除の対象になります。
一年間に多額の医療費を原則的には10万円以上支払った人は確定申告をすれば税金が戻ってきます。
結構知られてないみたいなので、皆様も是非参考にして申告してくださいね。
詳しくは こちらもしくは来院した際にお申し付けください。
 
 
 
     
Copyright 2006 Ito Dental Clinic. All rights reserved.